http://saradakann.xsrv.jp/y_key_1456d36d458ffacd.html

現代小説 更新中

アイラブ桐生・第一章

アイラブ桐生・第一章

桐生天満宮、本殿のアップです

アイ・ラブ桐生 第一部

(4) 第一章 学生たちの喫茶店(前)



 学生たちがよく集まる「純喫茶」から物語は始まります。
総人口が12万人弱という地方都市の割には、桐生は学生と高校生の多い町です。
  (注)人口は、70年代の数値ですが、現在でもそれほど増えていません。


 群馬大学の工学部を筆頭に、5つの公立高校と2つの有名市立高校が
ぐるりと山に取り囲まれた、狭い旧市街地でひしめいています。

 市街地の西北部で、繁華街をすこし外れた通りに、地下、1,2階ともに、
20~30人は入れるという大きなフロアーを持った喫茶店があります。
ここは今も昔も、学生たちの溜まり場です。


 地元の絹織物産業で、図案士になりたいという夢が閉ざされ、
挫折した私が、それならばということで、板前修行に通い始めました。


 高品質で知られ、隆盛を極めてきた桐生市の繊維産業は
海外から輸入される安い絹製品に市場を席捲され、窮地をむかえました。
長引く不況の波にも襲われて、長く続いてきた機織りの歴史が、
終焉を迎えはじめた時期でした。
しかしどこまでも挫折感をひきずったままで、
あまり気乗りのしない、中途半端な板前修業の見習いです。


 その鬱積と生来の好奇心が70年代の若者たちの間で、
大きなうねりを見せはじめた、政治的な青年運動の場へと向かわせました。
青年運動の中心グループと、某サークルのサブリーダーを務めていた関係で
群大・工学部の学生たちとの交流がたくさん生まれました。


 工学部の寮生たちのほとんどは、県外からやってきます。
二年間を、前橋市にある教養学部の荒牧キャンパスで過ごしてから、
桐生に作られた工学部の学生寮へ移動をします。
青年人口の密度が比較的高い桐生市では、見知らぬ若者同士を繋ぐ
多彩な取り組みが日常的に、盛んに開かれました。
スポーツや文化交流活動をはじめ、歌声喫茶なども頻繁に開催されて、
同じ年代同士の交流が、きわめて早い速度ですすみました。

 学生と社会人がいち早く交流を始めたのも、
群大・工学部のこうしたシステムと、桐生独自の文化と風土によるものです。
余談ですが・・ここで知り合った多くの学生たちとの交遊は、南は鹿児島から、
北は北海道までの広範囲にわたり、今でも季節ごとの便りが届きます。
小さな町で育まれた、手紙だけの長い付き合いは
すでに40年を越えました。




 ちょうど、70年安保の直前でした。

 学園を占拠した学生運動の過激派たちも、すっかりとなりをひそめました。
学園改革の波も引き潮となり、学生たちの間には
無感動と無関心という新しい時代の波が広がり始めました。
労働運動史にも残る激しい戦いを見せてきたいくたの労働争議も、相次いで
その決着を見せ始め、権利を守るために繰り返されてきた
いくたの闘争も、ようやく一段落をします。


 かろうじて生き残った「70年安保」の闘争だけが、
若者たちの気持ちを高揚させました。
とはいえ・・1950年から始まって10年以上にもわたって
熾烈に繰り返されてきた「安保反対闘争」も、この70年代の直前に至って
すでに既成事実化がなされ、たたかっても無駄という空気さえうまれてきました。
あきらめ感が強くなり、盛り上がりに欠けていたことも
また疑いようの無い事実です。


 学生たちの街からは、反戦フォークの歌声が消え、
政治に関心を持つ若者がも消えてしまい、虚無と無関心が横行をはじめます。
それでも一部の勢力を中心として、
根強く「安保」を闘おうと言う機運は残りました。
社会党系の「日本社会主義青年同盟」、日本共産党系の「日本民主青年同盟」、
さらに極左勢力を排除した、民主的な学生の自治組織などが、
それらの代表格です。




 その日は、2階で密談でした。

 翌日の、国会デモ行進を前にしての打ちあわせです。
集結地まで行く方法と細かい時間の確認、さらに途中の車内での注意事項、
不測の事態に備えての対処の仕方などと、帰り道での諸注意・・等々。
要は、グループごとでの、前夜における決起集会です。


 ふと視線を感じて振り返えると、
同級生で、見覚えのあるような女の子が一人、じっとこちらを見ていました。
 「さて、誰だろう。」その時は、まったく思い出せません。


 女子学生たちのグループで、話も慨に終わったらしく、
一斉に立ちあがるとあっというまに散りじりになってしまいました。
呼び止める暇も有りません。
こちらのほうでも話が終わり、軽く呑みに出ようということで
階段を降り始めた時でした。


 「しばらく。」
 と女性が、私の前に立ちました。

 「あっ」、と気が付き、名前を言おうとしたときに、
「私も連れてってよ」と、階段を塞いでしまいます。
暗くなり始めた帳(とばり)のなかで、もう一度、しっかりとその顔を確認しました。
確かにそれは、同級生のレイコでした。
2年ぶりに見る顔は化粧がされていて、どこか大人の顔にも見えました。


 「珍しいところで逢うね」


 「なぁに言ってんの。
 この間居たでしょう、顔見たわ」


 「どこで?」


 「○○サークルの、歌声喫茶。」


 それは、月に一度だけひらかれる、主に学生たちが集まる歌声喫茶のことです。
そこへは確かに行きましたが、レイコの顔を見た記憶はまったくありません。

 「あいかわらず、なんだから、もう。
 せっかく会ったんだもの、呑みに行きましょう。」


 「まだ、未成年だろ・・(それは、オレも同じだが。)」


 「どうせ、行くんでしょ?」

 うん、と振り返り、仲間を探すと・・
もう階段にも、降り切った下の空間にも、誰一人として残ってはいません。
みんな帰ったのかと思いながら、ポケットから煙草を取り出すと、
間髪をいれず瞬時にレイコの指がのびてきました。


 「未成年に煙草は、ダメ!。」


 ひょいとかすめ取り、ポンと屑籠へ投げ捨ててしまいます。

 「酒はいいのかよ」


 「ばれなけりゃ、だいじょうぶ!」


 こいつは、いつもこういう奴です。
つかみどころのないことを平気で口にするし、
なぜかいつでも決まって、上から目線で私にものを言います。

 「明日の朝は、早いぜ。」


 「寝ずに行くもの。」


 「大丈夫かよ・・・」


 「電車で、寝られるもの・・・」


 などと会話しつつ、すでに足はいつもの焼鳥屋へと向いていました。
明日の朝、本当に大丈夫かなと思いながらも、先輩の両親が営業している、
縄のれんを目指してレイコと肩を並べて歩きはじめました。

 レイコは、いつも突然にあらわれます。
ぴったりと、いつの間にか私に寄り添っていたかと思えば、
また、あっという間にいなくなってしまいます。
小学校に入る前からも、そうでした。
小、中学校と9年間、不思議なくらいにいつも同じクラスです。


 「そういえば、お前。
 いつも俺の席の近所にいたよなぁ。
 俺の前だったり、後だったり・・」


 「なぁに言ってんの。生まれた月は同じでしょう。
 あいうえお順だって、ひとつ違い。
 背丈もおなじだったら、
 どうやっても、
 そんな風になるのが、当たり前でしょ。」


 なるほど。・・そういうことか。
じゃあ、もう15年ちかくにもなるんだな・・こいつとは。




同じく群馬県でも、1,2を競った飲み屋街の様子です

(5) 第一章 学生たちの喫茶店(中)



 やはり呑み過ぎて、寝過してしまいました・・・

 何時に戻ってきたのか、その記憶さえありません。
桐生駅始発で上野行き急行も、すでに出発をしてしまった時刻です。
昨日の打ち合わせでは、これに乗車をするはずでした。


 桐生は、国鉄での上京にはたいへんに不便な町です。
桐生市の所在が、群馬と栃木県をむすぶ国鉄・両毛線の
ちょうど中間部に位置しているためです。


 最短のルートは、市内南西部に停車駅を持ち、
赤城山の登山道へと続く終点の大間々駅と始発の浅草を結ぶ、私鉄の東武浅草線です。
時刻表を見ると、次のロマンスカ―(急行)には間にあいそうです。
ロマンス・カ―は、ほぼ1時間に1本の割合で運航をされていました。
浅草までは約2時間余の急行電車です。
集会には間にあわないものの、デモ行進が始まる時間には会場入りができそうでした。


 じゃあ、行くか・・
でも、あいつはどうしたんだろぅ。
そう思いつつ車を走らせて、東武線・新桐生駅へといそぎました。




 ようやく会場に到着した時は、すでに集会は終了していました。
デモ隊は、その隊列を整えながら出発の合図を待っているところです。


 全体集会の会場となった公園には、まだ余韻を引きずるどよめきがありました。
前回の時よりも参加者が増えています。
見た目にも倍ちかい人数で、おそらく5000人は越えているかもしれません。
のぼり旗が風にはためいて、ゼッケンや横断幕もはるかに数が増えていました。
「安保」の自動延長日を直前にして、拒否権さえ発動すれば、
今度こそ廃棄ができるというわずかな可能性も生まれてきたために、
反対の声がようやく高まってきました。


 とりあえずは、地元勢と合流しなければなりません。

 群馬・栃木・茨城の北関東の3県連合のはずなので、
たぶん中団あたりにいるはずと目星をつけて探していたら、すぐに見つけることができました。
それはかつて、「あかつき特別行動隊」とも呼ばれ、少人数ながらも、
極左の過激派たちとも互角にわたりあった経歴を持つ、
勇猛の名残を持った、学生たちのオレンジ・カラーの一団です。


 街頭宣伝活動の開始の時から身につけてきた、オレンジ色のヤッケは、
人ごみの中でも、やはり特別に目立ちました。
手を振りながら人ごみを懸け分けて行くと、顔馴染みの学生が向こうから
「よおっ!」とひと声かけながら近寄ってきました。
デモ行進で必需品の、鉢巻きとゼッケン、腕章がヤッケとともに、
乱暴に手渡されました。


 「前の方が何やら殺気立ってるみたいだ。
 なにやら、ずいぶんと騒がしいようだけど。」


 「招かざる客だ。」


 もう一度、前方へ目をやると
原色のヘルメットに、白いタオルで顔覆う一団が角棒などを振りあげて、
気勢をあげているのが見えました。
しかし遠すぎてヘルメットに、書いてある文字までは読み取れません。


 「革マルかな・・、それとも中核の連中か。
 まさか、連合赤軍じゃないよなぁ。」

 「馬鹿言え。
 連合赤軍なら、連中なら今ごろは国外だ。」

 「三里塚か、成田にかかわる極左勢力のゲバ学生たちかな・・・」

 「さぁなあ~。
 いずれにしても、排除はできないからな。
 とりあえず、今日は安保反対が第一条件の政治集会だ。
 でも油断をするな、今日は注意しろ。
 あいつらが・・・・
 ああいう連中が顔を出すと、いつもろくな事がない。」


 そういい残した彼は、
出発を前にして、身支度と準備で騒然とする人ごみの中へ
「じゃあ、また後で」と、大きく手を振りながら消えて行きました。


 今日は平和的に、安保の反対集会を開くだけで、
あとはそのまま、国会への反対陳情のデモ行進をするだけの予定でした。
動き出そうとする隊列の中で、遅れていた身支度を整えました。
北関東の3県が中心で、学生と社会人たちの連合による
デモ行進の隊列は、少し遅れてようやく動き始めました。


 国会を取り囲む陳情と抗議のデモ行進のために、
全国各地をいくつかのブロックに分けて、その動員が繰り返されました。
過激派学生や、暴力を信条とする極左勢力とは、今回の集会は無縁のはずでした。
しかし国が政治的に切羽詰まり、政局が大きく揺れてくると、
彼らもまた、どこからともなく現れてそうした集結をしてきます。
いまだに、政治的行動的な場に置いて、彼らはその存在を誇示するのです。

 荒れなければいいが・・
そう思いながら公園を出ると、デモの隊列は道いっぱいに広がります。
国会議事堂をめざして、一斉に前進をはじめました。

 さすがに通りへ出ると、
両脇を隙間なく、機動隊員が整然とならんでいました。
制服と呼ばれる乱闘服に身を包んで、ジュラルミンの盾を構え、
手には、特別仕様の警棒が握られています。
体格はすこぶる良く、さすがに選らびぬかれた精鋭たちだけのことはありました。
その威圧感ぶりには、思わず身震いを覚えるほど、
圧倒されるものがあります。


 議事堂が近づくにつれて、さらに機動隊による警護の陣形は厚みを増します。
二重三重にも重なる、厚みのある機動隊の人垣へ変わっていきます。
その背後には、窓ガラスを金網で覆った装甲車が幾重にも見えてくるようになりました。
いつもより、多いよなあ・・機動隊の連中が。
そんなささやき声も、聞こえてきます。


 前方が突然ざわつきはじめました。

 前後、左右に揺れ出した人の波が、
あっというまに雪崩となって、時計回りに渦を巻きはじめました。
それはデモで禁止とされている、挑発的な渦巻きの行進でした。


 初めて目のあたりに見る光景です。


 テレビでは見ましたが実際に見るのは今回が、まったくの初めてのことです。
大きな怒号と歓声が上がる中で、機動隊とデモ隊が激しく入り乱れます。
もみくちゃの騒動が始まってしまいました。
デモの隊列は完全に停止をして、参加者が四散を始めました。


はじまった!

 万一の場合は、いち早く立ち去れ、がデモ行進の鉄則です。


 同じ方向に固まることなく、四散すべきこと。
露地や建物内にいち早くまぎれこむべし、
ゼッケンや腕章は、迷うことなく廃棄すべし、などなど等々・・・・
前夜の打ち合わせを思い出しながら、いち早く、その場を立ち去りました。
「安全第一、蛮行は勇気に有らず。勇気を持って撤退せよ。」
それらを、呪文のよう頭の中で繰り返しました。


 ようやく冷静になったときには、慨に地下鉄の切符売機の前に立っていました。
動転するといいますが、想像を絶した光景を目の前にした時には、
人は頭の中が、本当に真っ白になるという事実を、
産まれて初めて体験をしました。


 ほっと一息ついた瞬間、背中に、どん!と人がぶつかりました。
驚いて振り返ると・・・レイコが、私の背中で息を切らせたまま、
肩を震わせて立ちすくんでいました。


 「ずぅ~と、後を追いかけてきたのに・・」


 レイコの顔が真近に迫ってきました。
涙があふれそうになっているその両方の目で私をじぃっと、見つめてきます。


 今日は、なんとも初体験の多い日です・・・・
こんなにも至近距離で、涙目の女性に見つめられてしまうのも、
私には、まったく初めての体験でした。




繁華街の入口に立つ、桐生倶楽部です。名士の殿堂として長く親しまれています



(6) 第一章 学生たちの喫茶店(後)



 「どうする?」


 私の背中に張り付いたまま動かないレイコへ、
そう声をかけたのは、上野方面へ向かう地下鉄に乗ってからすでに、
2駅も過ぎてからのことでした。


 「擦りむいちゃったぁ・・・」


 私の前に回りこんできて、
ほらと、ふっくりとした手のひらを突き出して見せました。
確かに、かすかな擦り傷の跡には、わずかに血がにじんでいます。
ほう・・・・こいつは、こんなに可愛いくて小さな手のひらをしてるんだ・・・


 「あんなに、助けてって呼んだのに・・」

 ドキドキするほど至近距離にまで、顔をよせてきました。

 「いつも肝心なときは、ダメなんだから・・」


 と、小さな声でつぶやきました。
それで気がすんだのか、少し私から離れて顔をそむけます。


 「すこし時間をつぶそうよ。」

 「ん・・・」

 「まだ、帰るには・・・早すぎるもの。」


 予期せぬ事態とはいえ、デモ行進は過激派による突発の暴挙で、
予定よりもはるかに早い時間での解散になってしまいました。


 「使えょ」


 レイコへハンカチを手渡しました。


 「ハンカチなら、私も持ってはいるけど・・」


 そう言いながらも、笑顔で素直に受け取りました。
受け取ったもののそれを綺麗に畳み直してから、自分のポケットへ入れてしまいます。
不思議な仕草をすると思いながら、さらに見ていると、
バッグから、自分のハンカチを涼しい顔で取り出しました。
じゃあ、どうするかと、尋ねてみると


 「あなたから初めてもらったプレゼントだもの、大事に、とっておく。」


 すました声で答えます。


 「そうじゃぁなくて・・・ハンカチの話ではなくて、
 時間をつぶすために、どこへ行きたいのか、希望があればそれを考えて言ってください、
 と、いう意味の質問だけど」


 あ~、なんだそうか、ただの勘違いだと、
目をクリクリさせたあと、レイコがペロッと舌をだしました。
「まかせる。」とたったひと言で終わりです。
あとは地下鉄のまっ暗な窓へ視線を向けて、そのまま黙りこんでしまいました。


 まったく扱いにくい・・・・いつでもこういう奴です、レイコは。
・・・そう思いながらも、あまりにも残りすぎた時間を、
なぜかもてあましている自分がいることに、こちらも、初めて気がつきました。
とりあえず、電車と地下鉄を乗り継いで、帰りの始発駅となる、
東武線・浅草駅まで戻ることになりました。
ロマンスカーの時刻表を見上げていたら、横から顔を出したレイコが、
また耳元でささやきます。

 「考えることないわよ。
 ゆっくり帰りましょう、せっかくだもの、二人で浅草を歩こうよ。
 めったにない機会だもの、最終のロマンスカーで帰ろう。」

 
 至近距離に近づいてきたレイコからは、初めて嗅ぐ甘いお化粧の匂いがしました。
どこどきしている胸の高まりを、わざと低い声で抑えながら
え、1まだ2時前だけど、そんなに長い時間を過ごすわけ・・・・と応じると、


 「そんなに私と居るのが嫌な訳?
 わかりました。あなただけ、さっさと帰ってちょうだい。」


 と、大きな目をして頬をぷっくりとふくらませます。


 最終のロマンスカーは浅草駅発が、午後の9時台です。
そこから2時間かかったとしても、桐生には11時前後に戻れます。
まぁ、たまにはいいか・・・そう決めて、ふたつ並んだ座席の切符を買いました。
一枚手渡そうとすると、即座にレイコが目で拒絶をしました。
持っていて頂戴と、レイコの背中が命令をしています。

 それからの先のレイコは、実に自由奔放です。
人のはなしもろくに聞かないで、さっさと横断歩道を渡ってしまいました。
雷門へは曲がらずに、そのまままっすぐ歩いてアーケード街へ消えしまいます。


 勝手な奴だと思いながらも見失う前に、急いで後を追いました。
東武浅草駅から浅草寺へ参拝をするためには、雷門まで回り込りこんでいくと、
ずいぶんと回り道になってしまいます。
レイコが消えていった正面のアーケード街を抜けていくのが、ここの一番の近道です。
雷門から一直線に伸びる仲見世通りには、ほぼその中間部で合流をします。


 板前の仕事の都合でこの近所に有る、「かっぱ橋」へは良く来ています。
道具街と呼ばれるかっぱ橋の界隈は、飲食店や調理関係者たちの『聖地』です。
ただし、浅草駅周辺は余り歩いたことはありません。
時間つぶしのために歩いたといえばは、駅の周辺と隅田川の堤防だけでした。
唯一知っている空間といえば、駅と仲見せ通りをつないでいる、
アーケードに覆われた、人波で賑わうこの通路だけでした。


 先に軽い昼食を済ませてから、二人で仲見世通りを歩き始めました。
右側に回りこんできて、私にもたれかかってきたレイコからは、
髪を洗いたてたような、石鹸の香りが漂ってきます。
初めて真近に嗅ぐ、私の知らないレイコの匂いです。
もちろん、こんな風にレイコと歩くのも、生まれて初めてのことでした。


 「デートみたいだ。」

 「してるでしょ・・」


 さらに身体をすり寄せてきます。
そんなレイコに引っ張らっれながら、次々と仲見世通りのお店を覗きました。
常設の屋台のような雰囲気があふれていて、さまざまなお土産品が並んでいます。
レイコは何かを見つけるたびに、子供のように歓声をあげて、
そのままお土産屋さんに駆け寄りました。
嬉しそうに瞳を輝かせているレイコを、こんな真近くで見るのは、
新鮮で、思わずこちらのテンションまで上がりかけてしまいます。
平日の午後とはいえ人出はたいへんに多く、行きかう人たちを右に左に避けながら
浅草寺への参道を長い時間をかけて歩きました。


 「はじめてかな? お前と歩くのは。」

 「そんなことないわ。私はいつも一緒に、歩いてた。」


 レイコは当たり前という顔をして、ぶっきらぼうに答えます。
「・・・・」私にはまったく記憶がありません、そんな場面さえ思い出せません。


 「小学校の遠足の時も、一緒でした。
 中学校の修学旅行の時には、私はつとめてあなたの隣を歩いていたわ。
 高校生になったらもう、お互い別々になってしまうでしょ。
 必死で歩いたわよ、あなたは早すぎるんだもの。
 それになかなか背が伸びなくて、チビのままだったもんね、わたしは。」


 「んん、、そうだったけかぁ・・・・」


 「え~!、何にも、覚えてないの!」


 まったくその通りでした。
たぶん意識して、普段からレイコを見ていなかったせいです。
そういえば、あまりにもチビだったレイコが、朧(おぼろ)げながら、
いつも周囲に居たように、やっと甦ってきました・・・・


 「お前、チビ、だったな。」

 「やっと追いついました。」


 今度は、背伸びをしながら嬉しそうに笑っています。
そういえば・・・柔道部の道場から見えた校庭には、一番手前にテニスコートが有りました。
短いスカートをひるがえして、元気にテニスボールを追いかけている
レイコの姿が、いつもそこにはありました。
そうか、運動部のレイコは私の目と鼻の先に居たんだ・・・・


 演劇部が使っていた部室の隣は、レイコがいつも居た吹奏楽部の音楽室です。
レイコは、楽器演奏がなによりも苦手のくせに、別の場所で練習をしていた
コーラス部には入らずに、なぜか、吹奏楽部を選び
そこの副部長を務めていました。

 浅草寺に突き当り参拝をすませると、
ごく自然に寄り添ったまま、左へ曲がる道を選びました。

小さな遊具が密集をしている花屋敷遊園地の前を通り過ぎると、
かつて、六区と呼ばれた映画館街の通りに出ました。
レイコは、思い出したように声をかけてきましたが、抱えこんだ右腕だけは離しません。
人の通りが多くなると、レイコは肩へ頬まで寄せてくるようになりました。
やがて常に、ぴったりと張り付いたままの状態にかわります。


 「田舎じゃぁ、こんなデ―トは無理だもの。
 どっちを見たって、他人ばかりがあふれている大都会だもの。
 私たちのことなんか、誰も何にも気にしていないのね・・・・
 夢みたいだなぁ、こんな風に歩けるの。
 (やっと夢が叶ったし、誰にも邪魔はされないし、今日は最高だ。)
 ねぇ、またどこかに行けたらいいね。
 あんたと、二人っきりで・・・・
 ねぇ、ねぇったら」

 それは、この日のなかで、レイコが発した、一番小さな声のつぶやきでした。
帰りのロマンスカーの車内では、歩き過ぎてすっかり疲れたのか、
小さな寝息を立てて、レイコが私の肩で眠ってしまいました。
時々、離れてしまうレイコの指先が、すこしだけ戸惑ってから
私の指先を探しあてて、また戻ってきました。


 この夜、山の手通りに有る自宅へ、ちょっとだけ寂しそうな笑顔を見せる
レイコを無事に送り届けたのを最後に、またすこしの間だけ、
レイコとは音信不通になりました。




アイラブ桐生・第二章 へすすむ
アイラブ桐生・全目次 へ戻る

 

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional