http://saradakann.xsrv.jp/y_key_1456d36d458ffacd.html

現代小説 更新中

出勤簿

出勤簿


A 勤務時間の計算 (休憩時間が不規則の場合)

退社時間から出社時間を引き算し、さらに休憩時間を差し引く。
①勤務時間を計算するための表を作成する


画像の説明




②実労時間の計算式を、D2に入力する


画像の説明


・下図のように表示されれば、表はOK


画像の説明


画像の説明


画像の説明



B 勤務時間の計算 (休憩時間が一定の場合)

休憩時間が一定の場合、時間、分、秒のシリアル値を返すTIME関数を使う。
まず勤務時間を計算するための表をつくる。


画像の説明


実労時間の計算式を入力
C2のセルに「=B2-A2」(17:00から9:00を引く)と入力し
さらに数式を呼び出し、「TIME」関数を入力する。


画像の説明


画像の説明


TIME数式をコピーした時、「####」が表示される場合が有る。
数値がマイナスになると、コピーしたセルには自動的に「####」が表示される。
目障りな「####」の表示を消して、すっきりさせたい。


画像の説明


対策 その1 「#####」のかわりに「000」を表示させる


▼操作手順
メニュー[書式]−[セル]をクリック
  ↓
[セルの書式設定]ダイアログ−[表示形式]タブをクリック   ↓
[分類]欄−「ユーザー定義」をクリック
  ↓
[種類]欄に「0;""」と入力
  ↓
[セルの書式設定]ダイアログ−[OK]ボタンをクリック


問題点  「####」のエラー表示はたしかに消える。
しかし、その代わり「000」の表示が未計算のセルにずらりと並ぶ。
これではすっきりしない。
未計算のセルは、空白のままで表示したいという方は、こちらがおすすめ。
ただし。少々、難しくなる。

「IF」関数を使う

1 セルに数式が入っている場合は、「Deiete)キーで数式を削除する
2 「関数の挿入」をクリック
3 「関数の分類」ボックスから「論理」を選択
4 一覧から「IF」を選択
5 「OK」ボタンをクリック


画像の説明


6 「倫理式」に対象のセルを選択する。セル番号の後に「=””」と入力
7 「真の場合」には、「””」と入力
8 「偽の場合」には、本来の数式を入力する。
9 「OK」ボタンを押して終了。


画像の説明


画像の説明

おまけ

時刻計算の表示が正しくない場合。
こちらの手順で、表示を治すことができる。


画像の説明


エクセル講座 目次へ戻る

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional