http://saradakann.xsrv.jp/y_key_1456d36d458ffacd.html

現代小説 更新中

地産池消と食育

 こちらは、地産地消と食育サイトの 表紙です

こちらから、3つのサイトを紹介します
ご希望のサイトへは、紹介記事の下の部分から、進むことができます
ご自由に、お好みのサイトをお選びください

真夏に育つ、オクラの畑です

お米と、お米作りの話



お米と、お米作りの話へすすむ

地産池消とは

地産地消とは

「地産池消」とかいて「ちさんちしょう」とよみます

地域で生産された食材をその地域で消費するという意味です


 昔から「住んでいるところから、
4里四方のものを食べてくらせば健康でいられる」とされ、
ひとびとが暮らす地域とそこでとれる食材とは、
地域の食文化や健康面において、
ひじょうに深いかかわりをもってきました


 ところが、暮らしに快適さや便利さをおいもとめるあまり、
いつのまにか私たちの「食」と「農」の間はかけはなれたものとなり、
日々の暮らしと地域のかかわりについても忘れがちになってきています


 「地産地消」は、
こうした身近な地域と食のかかわりをみつめなおし、
その結び付きを深めていくことによって、
地域の農業や伝統的な食文化、豊かな自然環境をまもり、
いきいきとした地域社会づくりをすすめようというものです


くわしくは

地産地消のはなし<こちらを、クリックしてください



食育について 

食生活は「今」を映す鏡です

花は、きれいな紫です

食育とは

日本食といえば、
ご飯を中心に野菜や畜産物、水産物などが加わり、
健康的でバランスのとれたものでしたが、
最近は、畜産物や油脂類など、
脂質の摂りすぎが心配されています


 また、こどもたちだけで食事をとる「孤食」が増え、
むかしながらの一家団欒の食事風景も統計的に減りつつあります
また規則的な三度の食事が崩壊し、
欠食や深夜の飲食など、食生活の乱れも深刻で、
いわゆる生活習慣病予備軍の温床にもなっています


 食べることは、
ちょくせつ人のこころとからだを育み、
日々のくらしとかけがえのない未来への
架け橋になるともいえるでしょう
この機会に「食」について考えてみませんか?

食育のはなし、一覧表  は、こちらです


いんげんの特集でした




 あなたも、掲示板に参加してみませんか!

 無料会員募集中です
専用の会員専用掲示板へアクセスできます
いますぐ、事務局サイドの「会員登録は、こちらから」からお申し込みください 

 おりかえし返信メールで ログイン用のパスワードを お送りいたします



事務局サイド「会員登録は、こちら」<こちらを、クリックしてください

専用掲示板の 会員サイト <こちらを、クリックしてください

トップへ
a:1588 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional