http://saradakann.xsrv.jp/y_key_1456d36d458ffacd.html

現代小説 更新中

(続)アイラブ桐生・「レイコの青春」(1)

(続)アイラブ桐生・「レイコの青春」(1)

(続)アイラブ桐生・「レイコの青春」(1)

「なでしこ」の誕生(1)一本の電話から


織物の街として栄えてきた、桐生市のシンボル、『桐生天満宮』の参道


 桐生市の市街地の真ん中を、南北にまっすぐに伸びる主要道を『本町通り』と呼んでいます。
北に向かい3丁目の商店街を過ぎた辺りから、ビルと商店の姿が消えはじめます。
入れ替わるようにして、昭和の雰囲気がよく残る木造の住宅と瓦の屋根が目立ってきます。
ここまで、ひたすら北上してきた本町通りはそのまま、桐生天満宮の表参道へ続いていきます。
『本町通り』はここで初めて天満宮の鳥居の前から、大きく右へ迂回をします。


 群馬大学の敷地脇を抜け、バスの車庫が有る天神町を経由し、
その先をさらに進み、山に狭まれた梅田地区とその最奥に作られたダム湖をめざして
この『本町通り』の延長が、細々と続いていきます。
織物の町・桐生では、この『桐生天満宮』が町作りの起点とされています。


 石畳の参道をそのまま本殿に向かって進むと、山門の手前に小さな石の橋が架かっています。
橋の両側には、涸れた用水路が昔のままに残されています。
高さ1,5mほどある木造の古い水車は、かつての織都の面影を伝えるために、
いまでも石積みの岸に、そのままに残されています。
明治から大正にかけて、織物工場が林立をしたこのあたりでは、
この水車が大きな役割を果たしてきました。


 境内は、幼い頃からのレイコの遊びです。
拝殿から裏手へまわり、神楽殿を過ぎたあたりから、壁一面を埋め尽くして現れる、
天満宮の木造の彫刻群が大のお気に入りです。
いずれも、多くの職人たちによって江戸時代の末期に刻まれたものといわれています。


本殿の奥を、すべてにわたって覆い尽くしているこの彫刻群は、桐生が古くから
織物の里として繁栄してきたことの証です。


本殿手前にある、神が渡るという石の橋 かつての織物機械の動力として使われた、古い水車


 その大好きな遊び場を、今でもレイコは毎日のように通りぬけていきます。
短大を卒業し、地元にある自動車販売店に就職したレイコは、
バス停への「抜け道」として、毎朝ここを決まった時間に駆け抜けていきます。


 自宅はここから左手にある傾斜地の、山の手通りに面しています。
通りに面して建てられている工業高校の裏手で、密集をしている民家の間の路地を
200mほど歩くと、いつも遊び場だったこの天満宮に突き当たります。
突きあたりからは、(いつものように)膝の高さほどの柵を乗り越えて、
境内の石畳を、いつものように斜めに横切っていきます。
数歩の先にはもう、本町通りのバス停が見えます。


 毎朝ここから、数分前に車庫を出たばかりの市内循環バスに乗りこむのがレイコの日課です。
本町通りをひたすら南下をしたバスは15分ほどで、市街地を2つにわける
かつての鉱毒騒動の川、『渡良瀬川』にさしかかります。


 対岸では『新市街地』の開発が順調に進んでいます。
今ではこちらのほうが桐生市の、有望な商工業の最適な立地とまで呼ばれ、
それを裏付けるように、真新しい住宅と建てられたばかりの工場群が広がっています。


 3方向を山に抱かれ、盆地のようになっている旧市街地は、碁盤の目に沿って
整備をされた主要な、南北と東西の通りを持っています。
急速に機械化が進んだ明治から大正にかけ、織物の街として繁栄を遂げた結果、
民家とのこぎり屋根の織物工場が、狭く限られた市内の土地に過密なまでに密集をしました。
天満宮にほど近い、本町1丁目や2丁目には、こうした名残を残すかのように、
いまでもたくさんの細い路地が残っています。
太平洋戦争の戦火を受けずに済んだこの街は、戦前から昭和初期にかけての古い木造家屋を
大量に残しながら、今でも街中では狭い路地道が、いたるところで人の通りを阻んでいます。




 対岸でバスから降りたレイコは、川の流れを見つめながら、
堤防上を、ゆっくりといつものように歩きます。
出来たばかりの電機会社の社宅群を越えると、レイコの会社の赤い屋根が見えてきます。
10mほどある堤防の斜面を、いつものように一気に駆け下ります。


 鍵のかかった裏口のドアを開け、専用の通路をぬけてから、
玄関のブラインドをたくしあげ、ガラス戸を最大限に開け放ちます。
それからおもむろにタイムカードを押すのが、レイコ朝の日課です。
レイコが正面玄関から出勤したのは、初出勤時の一回だけで、それ以降はこうして
裏口からの出社ばかりが続いています。


 事務室のブラインドもすっかりと開け、
窓も同じように全開に開け放つと、いつもと同じ一日がまた始まります。
ひと通りの掃除が終わるころに所長が、いつものように顔を見せ
営業マンと3人居る整備士も、ほぼ同じ時間帯と同じ順序でいつものように出勤をしてきます。
こうして営業所の一日分の体勢は、午前9時のほんの数分前に、
ようやくのことで整います。


 午後の事務所で電話が鳴り、
応対に出たレイコの耳に、懐かしい声が聞こえてきました。
相手が名乗るまでもなく、電話の相手が同級生の幸子の声だと、いち早く分かりました。


桐生天満宮の本殿


(2)へつづく

コメント

  • ▼o・_・o▼コンニチワン♪


    レイコさん・・・ですね!

    次回楽しみ~!!!



認証コード3502

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional