http://saradakann.xsrv.jp/y_key_1456d36d458ffacd.html

現代小説 更新中

第1話 「深夜の蕎麦屋」

第1話 「深夜の蕎麦屋」

連載小説「六連星(むつらぼし)」第1話
「深夜の蕎麦屋」

第1話 「深夜の蕎麦屋」


 群馬県桐生市の歓楽街、仲町のはずれに、
まもなく開店二〇周年を迎えるという、古びた蕎麦屋がある。
「六連星(むつらぼし)」は、その店名だ。


 営業時間が変わっている。店が開くのが早くても午後の八時から。
ときには、午後一〇時ごろになってから開店することもある。
店主の松浦俊彦は、今年四五歳になった。
もともとは、ホテルや旅館の厨房を転々としてきた和食専門の板前だ。
若い時に一度だけ所帯を持ったが、子供も出来なかったこともあり、
一年と持たず、以降は気ままなひとり暮らしが続いている。


 俊彦が夜八時過ぎに、アパートから歩いて蕎麦屋へ出勤中、
路上で気になる情景と遭遇をする。
有りえない光景に、俊彦が半信半疑で立ち止まる。
若い女が酔っ払いをみつけては、何やら話しかけている様子が
どうにも秘密めいていて、気にかかった。


 (街角で、売春の客引きか?・・・ありえねぇだろう、いま時期に)


 気にはなったものの、開店時間をすでに過ぎている。
そのまま通り過ぎようとしたその瞬間、前方から歩いてくる地回りの姿を、
俊彦が見つけ出す。
地回りたちもどうやら、この女の様子に気がついたようだ。
まずいと直感した次の瞬間、俊彦はもう女の腕をむんずと捕まえていた。


 「こらこらお前、俺んちはこっちだ。
 すいませんねぇ。俺の娘が酔っ払っちまって、ご迷惑をおかけしました。
 怪しいもんじやござんせん。おいらはそこの蕎麦屋です。
 ほらほら、もういい加減でよさねえか。お前も。
 ご近所さんが、大迷惑だ」


 突然のことにびっくりして、女の目が俊彦の顔を睨む。
そんなことには一切かまわず女の腕をつかんだまま俊彦が、店に向かって
強引に歩き始める。
観念したのか、女も黙っておとなしく後を着いて来る。
地回りの筆頭株で若頭の岡本が、「おいっ」と怖い顔をして、
ずんと、道の中央に立ちふさがる。


 「おう。なんだ。
 誰かと思ったら蕎麦屋のトシじゃねぇか。
 しばらくだなぁ、元気にしてたか。
 久しぶりに桐生に戻ってきたが、此処も相変らず、不景気そのものだなぁ」


 「そう言えば、すっかりのご御沙汰だな。
 え・・・・ということは、何処かに雲隠れをしていたという意味になるのかな?」


 「馬鹿野郎。別にムショに世話になっていたわけじゃねぇ。
 福島だ、福島。東北の福島に出張していたんだ。
 被災地の福島で新しい商売だ。
 ・・・・何かと忙しくってなぁ、むこうで。
 復興支援というやつで、俺たちも貧乏暇なしのあり様だ。
 んん、よく見たら、そっちは若くてとびきりのいい女じゃねえか。
 このあたりじゃちょっと見かけねえ顔だが、磨けば光りそうな、なかなかの上玉だ。
 お嬢ちゃん。オジサンとチョイと遊んでくれるかい」


 あわてた女が俊彦の背中へ回り込み、顔を隠して身体を小さく縮めてしまう。
岡本が両肩をすぼめてから、爪楊枝(つまようじ)をペッと地面に吐き捨てる。
帽子を阿弥陀にずらしてから、長いため息をつきはじめる。


 「やれやれ。昔はずいぶんと若い子にもてたが、今はすっかりこのざまだ。
 おいトシ。、帰りに寄るから、上手い蕎麦を食わせてくれ。
 東北の食いもんもそれなりに、上手い物もあるが、
 味付けがしょっぱすぎて、どうにも駄目で、俺の口には馴染まねぇ。
 やっぱり俺には、トシの蕎麦が一番だ。
 そう言う訳だ。そこの背中に隠れているお嬢ちゃん。
 こいつの蕎麦はたっぷり食うが、お嬢ちゃんを食ったりはしないから安心をしろ。
 悪かったなぁ、驚ろかせたりしてよ」


 岡本がサングラスを外す。
人のよさそうな丸い目を見せた不良が、それだけを言い残すと、
大きな笑い声をひびかせて、再び桐生の歓楽街を南に向かって歩きはじめる。
古い歓楽街でもある仲町通りは、3人の若い衆を引き連れて岡本が横ぎろうとしている
駅前へ通じる東西の通りを北限に、南に向かってJR両毛線の踏切まで、
ウナギの寝床のように、南北に細長く連なっている。
バブル全盛だった頃には、道幅が4mにも満たない狭い道を、
深夜から未明まで、多くの人が常に歩いていた。


 「おじさんは、いったい何者なの?」


 「言っただろう、蕎麦屋だ」


 「へぇぇ・・・不良専門の蕎麦屋なの?」

 
 小奇麗に整った顔つきをしているが、この子は口のききかたが少しばかり粗野だ。
目元のあたりに、どこかで見たような面影を見つけ出したが、あまりにも
遠い記憶のため、それが誰であるのか俊彦は思い出せない。


 「お前さんは、まるっきり、日本語の使い方が出来ていないようだ。
 憎まれ口をきく前に、礼を言うのが先だろう。
 まぁいい。腹が減っているならご馳走するから、俺の店に寄れ。
 といっても、これから支度するので、すぐと言う訳にはいかないが・・・・
 しかし見たかぎり、別に急ぐ旅でもなさそうだな」


 「不良御用達の蕎麦屋で、これから営業を始めるの?
 ますますもって危ない匂いがしてきたわ。
 でも、たしかにおじ様が言うように、とりあえずお腹は空いています。
 あ。だからと言って、あたしには手を出さないでね。
 あたし、こう見えても、まだ処女なんだから」


 「あきれたなぁ・・・・
 路上で客引きをしているくせに、いまだに処女とは見上げたもんだ」


 「ちょろいわよ、オヤジをだますことなんか。
 ホテルに入ってから、汗臭いのは嫌いだからお風呂に入りましょうと言うの。
 そのあとで、たっぷりと楽しみましょうと甘えて言えば、
 ほとんどのオヤジどもが有頂天になる。
 私も入るから、先に入って待っていてと言えば、10のうちの8から9は、
 みんなもうその気で、お風呂の中でのぼせながら待っているわ」


 「その隙に、財布ごと奪ってトンずらをするのか?」


 「そこまで私は、悪者じゃありません。
 帰りのタクシー代くらいは、ちゃんと残しておきます。
 身体は許していないけど、唇や、おっぱいは触られまくられているんだもの。
 それなりの代償をちゃんと払ってもらいます。
 あたし的には、ギリギリのセーフだと思っているんだけど、
 やっぱり、それでも犯罪になるのかなぁ・・・・」


 「美人局(つつもたせ)と言う、立派な犯罪だ。
 まぁいいさ。だが、全部はうまくいかないだろう。逃げ切れない時はどうする?。
 絶対絶命のピンチっていう時だってあるだろう。数の中には」


 「決め手が有るの。客を拾う時に、相手を見きわめる目が肝心なの。
 見るからにスケベそうで、飢えていそうなオヤジなら絶対に安全だわ。
 今のところは、100発100中で成功しています」


 「おっ、もう、そんなに騙したのか?。そうとうな悪だね、お前さんも」


 「蕎麦屋のオジさん以外なら、騙せる自信が有るんだけどなぁ。
 ねぇ早く行こ。お腹がすいてるんだ、あたし。
 美味しい蕎麦を、お腹いっぱい食べさせてくれるのならキスくらいならいいわよ。
 おじさんに許してあげても」


 「あ、あのなぁ・・・・」


 「不良にからまれそうな所も救ってくれたから、じゃあ・・・・
 オッパイまで許そうか。
 でもそこまで許すと、飢えているおじさんの場合は自制心が効かなくなるから、
 危ないことになるんだけどなぁ・・・・
 あたしもこう見えて、けっこう感度は良い方ですから」


 「あちゃぁ・・・変なのを拾っちまったなぁ。
 やっぱり。あの時に関わらないで、放っておけばよかったなぁ」


 「感謝しています。あたしだって。
 不良の顔を見た瞬間、久々のピンチの到来かと思って覚悟は決めていたんだ。
 あ、あたしの名前は、響(ひびき)って言うの。
 オジさんの名前は」


 「松浦俊彦。蕎麦屋のトシだ。覚えやすいだろう」

 
 「蕎麦屋の俊彦か・・・・
 じゃ早く行こうぜ、トシ。店を開けて、美味しい蕎麦とやらを食べようぜ」


 行きがかりとはいえ、・・・・
本当に、変な女の子を拾ってしまったようだ。


2話につづく

コメント

  • 無題


    新作発表おめでとうございます。
    さてこの二人はどうかかわって行くのでしょうか。楽しみに読ませていただきます。


  • コメント、ありがとうございます


    >ロ―ジさん

     はじめまして。
    早速のコメント、ありがとうございます。
    長い物語になりますが、毎朝の新聞小説を
    読むような感じで、お付き合いをいただけたら幸いです。
    この先も、どうぞ、よろしく。


  • はじめまして( ^ω^ )


    トシさんたちの、さっぱりとした歯切れのよさそうな会話がいいですね♪

    ぺたありがとうございました( ^ω^ )



認証コード3970

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional