http://saradakann.xsrv.jp/y_key_1456d36d458ffacd.html

現代小説 更新中

忠治が愛した4人の女 (54)       第四章 お町ふたたび ⑥

忠治が愛した4人の女 (54)       第四章 お町ふたたび ⑥

忠治が愛した4人の女 (54)
      第四章 お町ふたたび ⑥


画像の説明


  「ほら。やっぱり、あんたは大ウソつきだ。
 あんたが本物の忠治だったじゃないの!。この大ウソつき者め!」


 木崎宿の飯盛り女、おとらが口を尖らせて怒る。
女郎宿へ通い始めて2年。あいかわらず忠治は、おとらを指名する。


 「おめえが勝手に勘違いしたんだ。
  国定村の忠治は、6尺あると勝手に思い込んでいた。
 1尺足らねえ俺がいくら忠治だと言っても、おめえは絶対に信用しねぇだろう」


 「あたしの故郷、出雲崎へ行ってきたんだって?」


 「おう。真冬の日本海を見てきたぞ。すげぇところだな、吹きっさらしで。
 灰色の海に、毎日、真っ白い雪が舞い落ちる。
 あんな寒いところで育ったんだ。おめえもずいぶん、苦労したんだろうな」

 
 「おあいにくさま。いまのほうが苦労しています、あたしは。
 五惇堂のお内儀さんをしていたお町という女を、お妾さんにしたんだって?」


 「なんでぇ。誰に聞いたんでぇ、そんな話を?」


 「誰だっていいじゃないの。ねぇ、お嫁さんのお鶴さんはどうするのさ?」


 「お鶴はお鶴だ。どうもこうもねぇ、そのまんまだ」


 「自宅に本妻のお鶴さん。田部井村にお妾のお町さん。
 木崎の女郎宿に、このわたし。
 あんたも大変だねぇ、3ヵ所に女が居ると、身体を休めるひまがなくてさ」

 
 「うるせぇ。おおきなお世話だ。
 俺に文句が有るのなら、2度と来ねぇぞ、このあばた」


 「何言ってんのさ。あばたもえくぼと、昔から言うでしょ。
 ホントはわたしにしんそこ惚れているくせに、いまさらワルぶっても無駄だわ。
 往生際が悪い男だね、あんたって人も」

 
 「勝手にしろい、このばか女・・・」


 嫁のお鶴はすでに、お町の存在に気がついている。
隠れて忠治が、田部井村にいるお町に会いに行っていることも承知している。
しかし。取り乱すわけでもなく、別れてくれとも言い出さない。
素知らぬ顔を見せたまま、母親とともに日々の仕事に精を出している。
お鶴というのはそういう女だ。


 しかし。当の忠治の気持ちは複雑だ。
ほんとうはお鶴と別れてお町といっしょになりたいが、現実がそれを許さない。
健気に母親をささえているお鶴に「別れてくれ」とは言いだせない。


 長岡家の養蚕仕事は忙しい。
10人近い女たちをひとつにまとめて、総勢で蚕を飼い、繭を生産する。
出来上がった繭から生糸を引くのもまた、女たちの仕事だ。
それだけではない。
売れ残ったくず糸を使い、太絹を織りあげるのもまた女たちの仕事だ。
上州の女たちは夜もろくに寝ないでせっせと働く。


 お町はお鶴のように、母親と一緒に養蚕や機織りに精を出すような女ではない。
忠治としても、お町にそんなことはさせたくない。
そのうち一家をはったとき。
お町に姐御になってもらいたいと、勝手に都合のよいことを考えている。


 2人の間に入り、女たちの機嫌を取りながら、ときどき忠治は女郎宿で気持ちを休める。
たまにやって来る忠治を、おとらはいつも、口を尖らせて出迎える。
「あたしはいつだって、都合のいい女なんでしょ、あんたにとって」と必ず口にする。
それがおとらの、毎度毎度の口癖だ。

 
 (55)へつづく


画像の説明

コメント


認証コード2465

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional