http://saradakann.xsrv.jp/y_key_1456d36d458ffacd.html

現代小説 更新中

忠治が愛した4人の女 (58)       第四章 お町ふたたび ⑩ 

忠治が愛した4人の女 (58)       第四章 お町ふたたび ⑩ 

忠治が愛した4人の女 (58)
      第四章 お町ふたたび ⑩ 


画像の説明


 「どうするんですか。新五郎の兄貴・・・」


 忠治が、代貸の新五郎にささやく。
問われた新五郎が、眉をひそめる。
ぐるりと部屋の中を見回したあと、ほっと溜息を吐き、がくりと肩を落とす。


 「どうもこうもねぇや。残ったのはこれだけしか居ねぇ。
 こんな少ない人数で殴り込みをかけても、返り討ちにされるが関の山だ。
 悔しいが、手も足も出ねぇ」


 「これだけ?。全員が裏切っちまったんですか!」


 「そうさ。ここに居ねぇ全員が、助次郎と惣次郎に着いて行きやがった」


 部屋に居るのは代貸の新五郎と、長年の子分が4人。
朝帰りしてきた忠治と文蔵。さらに廊下の隅にぽつんと座っている三下の清蔵。
たったこれだけが、いまの百々一家の総勢だ。
紋次親分の背中が、ことさら小さく見える。


 「一番頼りにしてた木島の助次郎が裏切るとは・・・
 よほど俺に、甲斐性がねぇとみえる。
 残ったおめえたち。
 もうこれ以上、俺を、裏切らないでくれよ・・・」


 ふらりと立ち上がった紋次親分が、のそりと部屋から出ていく。
背中姿が、さっきよりもさらに小さく見える。


 「明日の賭場は、どうするんでぇ?」忠治がまた、新五郎の顔をのぞきこむ。
「どうしょうもねぇなぁ・・・」みるみる新五郎の顔も、歪んでいく。


 「木島の助次郎と、武士の惣次郎の2人を裏切らせた伊三郎のことだ。
 いまごろは大黒屋と、佐野屋に話をつけているだろう。
 いまさら騒いでも、もう、あとの祭りだな」


 「じゃ、伊三郎のやつらが、おれたちの境宿へ入って来るのを、
 黙って、見逃せっていうんですかい!」


 文蔵が血相を変えて立ち上がる。
「こうなりゃ俺たちの手で、伊三郎の首を取るだけだ。行こうぜ、忠治!」
懐の手裏剣を握り締め、文蔵がいきなり部屋から飛び出していこうとする。


 「頭を冷やせ、文蔵。
 伊三郎だって馬鹿じゃねぇ。おめえらがやって来るのは承知の上だ。
 それどころか、十手を片手に手ぐすね引いて待っているだろう。
 殴り込みなんかかけてみろ。待ってましたと俺たち全員を捕まえちまう。
 あの野郎のすることは、ずる賢い。
 おれたちが動き始めるのを、じっと待ちかまえているんだ」


 「くそ!。汚い野郎だぜ、伊三郎のやつは!」
懐から手裏剣を取り出した文蔵が、奥の柱に向かってひゅっと投げつける。
見事な音をたてて、5寸釘の手裏剣が柱に突き刺さる。
奥の柱は傷だらけだ。
文蔵が腹が立つたび手裏剣を投げるため、そのたびごとに柱の傷が増えていく。


 「文蔵さん・・・」廊下の隅に座っていた清蔵が、文蔵の顔を見上げる。
「おいらには、よく分かんないんですが・・・」と口ごもる。
何かを聞きたがっている三下を、文蔵が高い位置から見下ろす。


 「なんでぇ、遠慮すんな。何か聞きたことがあるのなら、言ってみな。
 いまはもう。これだけの人数しか居ねぇ。
 三下とはいえ今じゃおめえも、百々一家をささえる大事な戦力のひとりだ。
 なんでも聞きな。
 知ってることなら、全部俺がおしえてやる」


(59)へつづく


画像の説明

コメント


認証コード4210

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional