http://saradakann.xsrv.jp/y_key_1456d36d458ffacd.html

現代小説 更新中

忠治が愛した4人の女 (59)       第四章 お町ふたたび ⑪  

忠治が愛した4人の女 (59)       第四章 お町ふたたび ⑪  

忠治が愛した4人の女 (59)
      第四章 お町ふたたび ⑪  


画像の説明


 「おいらにはよく分んないんですが、どうしてみんなウチの親分を裏切って、
 次から次に、伊三郎のところへ行っちゃうんですか?」

 
 「決まってらぁな。銭に目がくらむからさ。
 中には伊三郎みたいに、十手を欲しがる奴もいる」


 「伊三郎の元へ行ったウチの代貸たちは、銭と十手に、
 目がくらんだのですか?・・・」


 「伊三郎は、銭と十手の力で勢力を広げてきた。
 やつのところへ集まっている代貸たちは、もともとは、小さいながらも、
 一家を張っていた親分衆たちだ。
 伊三郎の傘下へ入ったほうが勢力をひろげられると、2つ返事で子分になった。
 うちの親分も声をかけられた。だがよ、きっぱりと断った。
 二足のワラジを履くような奴は渡世人じゃねぇと、はっきり言ってな」


 2足のワラジとは、相反する仕事を同時にこなすことをいう。
ひとりの人間が、同時に2足のワラジを履くことは出来ない。
博徒が、自分の仕事と相反する十手を預かることを、「2足のワラジ」と呼んだ。
汚い男、あるいは、裏表の有る生き方の別称でもある。
しかし、この時代、2足のワラジを履いたのは、島村の伊三郎だけではない。
おおくの博徒が、縄張りを守るため2足のワラジを履いた。


 博奕打ちが十手をあずかる。
自分たちを取り締まるはずの、岡っ引きの役も同時に兼ねる。
なんとも矛盾した話だ。
博奕打ちと岡っ引きでは、まったく立場が異なる。
両立しないはずだが悪賢い人間は、相反するこの2つの立場を、最大限に利用する。
十手の威力を最大限に駆使する男、それが島村一家の伊三郎という男だ。


 翌日。いつものように、境の宿に市が立つ。
伊三郎の子分たちが当然と言う顔つきで、境の宿へ乗り込んで来た。
伊三郎の子分たちは大黒屋、佐野屋、さらに桐屋の3ヵ所で賭場をひらく。
百々一家の賭場はついに、伊勢屋の一ケ所だけになってしまう。


 そんな中。親分の紋次は、子分たちに厳しい命令を出す。
「市の開催中は、島村一家と面倒をおこすんじゃねぇ。堅気の衆に迷惑がかかる。
命令を無視して面倒をおこしたやつは、親分子分の縁を切る!」
と、全員にきつく言いわたす。
しかし。宿場では伊三郎の子分たちが、でかい面をして歩き回っている。
忠治と文蔵ははらわたが煮えくり返る思いで、歯をくいしばる。
ひたすら我慢をしていく。


 その日は何もおこらなかった。しかし。市が終えた次の日の朝。
百々一家の子分のひとりが、伊三郎の子分たちに取り囲まれて、袋叩きにされた。
傷だらけで帰って来た子分を見て、カッときた忠治と文蔵が長脇差をつかんで、
立ち上がる。

 
 「おい、どこへいくんだ、おまえら!」


 いきり立つ2人を、代貸の新五郎が制止する。


 「代貸。止めねえでくだせぇ。
 このままにしておいたら、百々一家が世間の笑いものになる。
 もう黙っちゃいられねぇ。
 境宿に居る伊三郎の子分どもを、片っ端から、たたっ斬ってやる!」


 「馬鹿やろう。軽はずみなことをするんじゃねぇ。兆発だ。
 伊三郎のたくらみに乗るんじゃねぇ。
 頭を冷やせ。この、とうへんぼく」


 新五郎が両手を広げて2人を止める。厳しい顔で2人睨む。
「何です代貸、その企みというのは?」
文蔵も負けじと、怖い目で新五郎を睨み返す。


 「伊三郎のやつは俺たちがカッときて、伊三郎の子分の誰かを斬るのを待ってるんだ。
 おまえらがのこのこ出かけて、伊三郎の子分どもと喧嘩してみろ。
 待ってましたと十手を構えて、伊三郎のやつが、ここへ乗り込んでくる」


 「どうして代貸に、そんなことが分かるんでぇ」


 文蔵が語気を強めて、代貸に詰め寄る。
悪い男ではないのだが、文蔵という男は、頭にすぐ血がのぼる。
喧嘩早いのが難点なのだが、それがまた、この男の持っている魅力でもある。


(60)へつづく


画像の説明

コメント


認証コード8670

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional