http://saradakann.xsrv.jp/y_key_1456d36d458ffacd.html

現代小説 更新中

オヤジ達の白球(3)敵に塩?

オヤジ達の白球(3)敵に塩?

オヤジ達の白球(3)敵に塩?


画像の説明


 「バ~カ。身動きさえ出来ないくせに、言う事だけは一人前だ。
 お茶を入れてきます。台所はこっちかな?」


 「廊下の先だ。わるいなぁ、面倒かけて」


 「どうってことありません。
 昔馴染みの男へ、塩を食わせるためにやって来たのさ。
 これでもかとたっぷり塩をふってきた。
 塩分のとり過ぎで早めに地獄へ送ってあげるから、感謝にはおよびません」


 (魔性の女ですからね、あたしは。近寄ると火傷するよ)
ふふふと笑い声を残し、陽子が台所へ消えていく。


 陽子は、いまもスレンダーな体型の持ち主。
しかし胸は有る。貧乳ではない。
こんもりと、形のよい盛り上がりを見せている。


 尻も下がっていない。丸みを帯びたラインが妙に色っぽい。
身体に衰えが見えないのは、こどもを産んでいないから。
サングラスをかけると、いまどき流行りの美魔女のように見える。


 「ここまで這ってきて、食べることができるかい?」


 台所から土鍋を運んできた陽子が、隣の部屋から声をかける。
「いまさら、食べさせてくれとは言えないだろう。そこまで甘えたらバチが当たる。
そこに置いてくれ。這って行く。そこで食う」
祐介が腹ばいになる。布団からそろりそろりと抜け出していく。


 「急がなくてもいいよ。無理してバランスを崩さないでおくれ。
 見た通りの細腕だ。何の手助けも出来ないよ。
 寝ていたのなら、電話くらいかけてくればよかったのに。
 ご飯くらい、あたしが作ってあげたのにさ」


 「ありがたてぇ話だ。こんど何か有ったらかならず電話する。
 でもよ。こんな風に世話を焼くのは、お天道様が出ている日中だけにしてくれ。
 日が暮れると別のことを頼みたくなる」


  「うふふ・・・
 その気もないくせに、口ばかり達者なんだから、このエロじじぃ。
 その気があるのなら襲ってみなさいよ。
 長年の夢がひょっとしたら、叶うかもしれません」

 
 「えっ。あれから30年も経つのに、俺が惚れていたことをまだ覚えていたか。
 薄情な女だとばかり思っていたが、意外だねぇ」

 
 「よく言うよ。薄情なのはあんたじゃないか。
 あたしが離婚したとき。あんたはさっさと別の女と所帯を持ったくせに。
 あ・・・文句を言える筋合いじゃないか、お互い様だ。
 あんたの気持ちはわかっていたさ。
 お金に目がくらんで嫁に行ったあたしが悪い。
 あら、いやだ。朝っぱらからいったい、なんてことを言わせるのさ。
 顔から火が出るじゃないの。
 支度はできました。あとは勝手に食べてくださいな。
 片付けなくてもいいよ。あとでまた、次の差し入れにやって来るからね。
 今度は庭からじゃなく玄関から堂々と入ってきます。
 開いているんだろうね、玄関は?」


 「あっ、3日前から玄関の鍵は締めたまんまだ。
 お前さんが訪ねてくることなど、露ほども考えていなかったからな。
 おっ、あっ・・・・おっとと、イテテ・・・」


 数歩すすんだところで、祐介が動きを止める。
また腰に激痛がやってきた。力が入らない。そのままバランスが崩れる。
グズグズと祐介の身体が畳へ崩れ落ちていく。
陽子があわてて立ち上がる。


 「なんだい。口ほどもないね。
 見栄を張って格好ばかりつけているから、そうやっていつも墓穴を掘るんだ。
 駄目なら駄目で最初から甘えればいいのに。
 いつだってやせ我慢ばかりするんだから、この人は。
 そこからU-ターンしなさい。
 仕方ありませんね。あたしがおかゆを食べさせてあげますから。うふふ」


(4)へつづく

コメント


認証コード7003

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional