http://saradakann.xsrv.jp/y_key_1456d36d458ffacd.html

現代小説 更新中

オヤジ達の白球(25)不義密通

オヤジ達の白球(25)不義密通

オヤジ達の白球(25)不義密通


画像の説明


 「男女の不倫も、江戸時代じゃ不義密通か。
 なんだか、いかにも犯罪という雰囲気が、ムンムンしているなぁ」


 「あたりまえよ。
 今も昔も不倫は、道に外れた男と女の関係だ。立派な犯罪さ。
 でもね。この不義密通を奉行所へ訴え出ると、家の恥を世間にさらすことになる。
 士農工商の頂点にたつ武家の場合、とくに不具合がおおい。
 『家内不取締り』を理由に、減俸されるなど、上から厳しい処分が出てくる。
 商家の場合もやっぱり同じ。世間体が悪くなることで、店の評判が落ちてくる。
 藩への出入りが差し止めになれば、商売上に大きな支障が出てくる。
 公にすることで被害者も、大きなリスクを背負う。
 このようないろんな弊害を考慮して、金で解決しょうという妙案がうまれた。
 それが「内済金」。
 金で解決したケースが江戸時代、けっこう多かったといわれている」


 「なるほどねぇ。
 姦淫は罪が重いがそれを公にせず、金でケリをつけるか。
 そんな便利な方法が江戸時代に有ったんだ。
 だがよ。悪事を働いても金でキリがつくとわかれば、不倫する奴は後を絶たねぇ。
 道理でいつの時代でも、男と女の火遊びは、際限なく発生するわけだ」


 「それがそうでも無いのよ。ぜんぶがそんなに上手くいかないの。
 とくに、江戸時代においてはね」


 陽子が、黒い瞳を光らせる。


 「そうでもない?。どう言う意味だ。
 男女の不倫は、金でかたがつくはずじゃなかったのか?・・・」


 ビールグラスを手にしていた祐介が、ぴたりと固まる。
固唾を飲み、陽子の言葉を待つ。


 「夫の側に特別な権利が有るの。
 姦淫の現場を発見すれば間男と妻を殺害しても、罪には問われないの」


 「何だって。斬り捨てても構わないのか、江戸時代は!」


 「剣客商売シリーズ十三巻の『波紋』の章に、その場面が登場する。
 桶屋の七助が、自分の女房と二階で姦通をしていた剣客の関山百太郎を
 殺害してしまう事件が起こる。
 でもね。桶屋の七助は、法的になんの問題もないと結論されるのよ」


 「2人を殺しても無罪か。なんだか急には信じられねぇ話だな・・・」


 「桶屋の七助は最初の結婚と同時に、自分のお店を持つ。
 でもね、運が悪いのよ、この男。
 実の弟が店の金を持ち逃げしてしまう。さらに借金の肩代わりまでさせられる。
 そのため江戸には居られず、夫婦2人で駿府城下へ逃れる。
 駿府で住み込みで働く。でもね無理がたたって、女房が亡くなってしまう。
 女房の死後。江戸へ戻って来た七助は、品川で店を持つ。
 たまたま博打で大もうけをする。その儲けた金で、お米をいう女を身請けし女房にする。
 ところがこのお米が、なんとも性根の悪い女だ。
 七助の目を盗んで、剣客の関山百太郎とただならぬ仲になってしまう。
 その場面がまた、なんとも色っぽく書かれているんだよ」


 「姦淫現場の描写か。やるねぇ、池上正太郎も」


 『そんなに飲んでは、傷に悪いんじゃないかえ』
 『なあに、傷というほどのものではないよ』  
 冷酒を飲み干した茶わんを置いた手を伸ばし、関山は女の身体を引き寄せた。
 女は髪を、無造作な櫛巻にして、子持ち縞の素袷の腕をまくり、
 これも茶わん酒を飲んでいる。
 はだけた胸もとから乳房がはみ出しかけてい、酒の火照りで喉元も
 胸も赤く染まっていた。
 『ああ、百さん、たまらないよう』  女は、ふとやかな双腕で
 関山百太郎の頸を巻きしめ、嬌声をあげる・・・・』


 「まずいなぁ。そんな現場へ亭主の七助が乗り込んで来れば、切り殺されても、
 何の文句もいえねぇな」


 「関山がいつまでも家に居座り、お米を抱いていることを知り怒り狂った七助は
 隙を見計らい、関山を刺し殺してしまう。
 妻も殺したあげく、江戸から逃げ去ってしまう。
 でもね。このケースでも、間男である関山百太郎を殺してしまった夫の七助は、
 全くの無罪と言われています」


 「間男は、亭主に殺されても江戸時代では仕方ねぇのか・・・・
 なるほどねぇ、
 悪事は自らの身を滅ぼす元になるんだ、怖いねぇ、まったく」


 「もうひとつ。八巻目の『狐雨』にも、男女の姦淫事件が登場してくるんだよ」


(26)へつづく

コメント


認証コード0879

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional